讃岐うどんツアー 番外編 おそるべきさぬきうどん制覇リスト たまにはいいでしょ!ラーメン リンク集 花鳥&Yの気まぐれ日記

決行日:1999/09/18
参加者:花鳥、まつゐちさん、トミー、N田さん
■今回のツアーまで・・・
1999/5/1に第1回うどんツアーを断行した花鳥は、
お盆休みに学生時代の友人健ちゃんと、その健ちゃんを「オヤジさん!」と呼んで慕う(?)若者達と小豆島に旅行し、高松から小豆島に船で渡る前に「田村」に連れて行ってやろうと頑張って急いだが、渋滞で時間が遅れてしまい、電話確認であえなく店が終わってしまったことを知ったのだった。
そこで、前回のツアーから使っている『マップル香川版』で探した綾歌郡国分寺町の「山下」と「まんどうぐるま」を経験した。(今回のツアーには関係ありませんが、ここで「山下」を紹介しておきます。「まんどうぐるま」については今回のツアー後編にて紹介します。)
【訪問回数】1回目(お盆休みに訪問。今回のツアーには関係なし)
【住所】香川県綾歌郡国分寺町国分1033−2
【営業時間】8:45−18:30 
【定休日】日曜日
【駐車場】18台
【定番メニュー】小(1玉)170円,大(2玉)250円,おにぎり120円,いなり寿司120円
なかなか美味しかったですよ。もう一度行くことがあればレポートします。
綾歌郡国分寺町の「山下」と「まんどうぐるま」を経験した。したが、しかし、やはり消化不良。前回第1回うどんツアーで「田村」に初めて行き、初めて讃岐うどんを食べたときの感動がない。
「田村」のうどんをちゃんと釜で茹でてアツアツで喰いたい!という気持ちを抑えることができないでいた。
5月に「いつかもう一度・・・」と思ってから、4ヶ月半が経とうとしていた。
7月に入社した同じ営業部のルーキー「トミー」君と会社近くのパスタの美味い店「きゃとるず」で和風ペペロンチーニを食べながら、前回の「田村うどん」の感動を一生懸命語り、「一緒に行こうや!」と誘うと、「そんなに花鳥が熱く語るほど美味いなら食べてみたいですねぇ。」と・・・
今から思えば、上司の言葉に付き合ったくれたのかなぁ?なぁんて思うのですが、布教活動(苦笑)いやいや勧誘はうまくいき、日にちが確定。
あとは二人じゃ寂しいので、N田さんとまつゐちさんを誘って、段取りをつけた。
今回は讃岐うどんの店に2軒行って食べたあと、
トミーの前の会社の同僚が香川県綾歌郡宇多津町の遊戯施設に勤めているので、途中で寄り、
(ウタヅチョウと読む・・・ちなみにトミーくんは何回言わせてもウダツチョウと言ってしまうのだ。 本当に・・・ウダツが上がらない奴や!なんてね。失礼しましたぁー。
そのあと、花鳥の故郷「松山/道後温泉」で風呂につかって、
翌日、出来て間もない「しまなみ海道」を通って、
(しまなみ海道=西瀬戸自動車道・・・愛媛の今治と広島の尾道を幾つかの島々を橋でつなぎ、四国と本州をつなぐ3本目の高速道路。)
尾道で尾道ラーメンで有名な「朱華園」に行くという1泊2日の旅です。
■ツアー前夜
1999/9/17(金)ツアー前夜
仕事を終えた花鳥は帰宅して、部屋を掃除していた。なぜなら、トミーは家が遠いのと起きるのに自信がないので、前夜から花鳥宅に泊まることになったからだ。
トミーが花鳥の家に迷わずに来れたかは…さておき、来ました。来ました。
車に布団を積んで、明日のツアーで活躍する愛車を連れて。
■ツアー当日

6:50

朝、寝起きが悪いトミー君を起こし、まつゐちさんとの集合場所の大阪中央郵便局に早目に向かう。
7:35 大阪中央郵便局にてまつゐちさんと合流。さぁ、N田さんの待つ姫路へレッツラゴー!
9:10 N田さんの家の近所に到着!車の運転をトミーからN田さんに替わってもらい、讃岐へ再びレッツラゴー!
今回からN田さんが姫路にいることもあって、岡山の方に回り、瀬戸大橋から香川県の坂出から四国に入るというルートを選択した。
(後に、このルートが時間的にも一番早く、うどんの美味しい店が坂出に近いのでベストルートと気付いた。)
10:40 瀬戸大橋の途中「与島パーキング」で休憩。
トミー曰く四国に渡るのはこれが初めてとのこと。瀬戸大橋の大きさにも感動していた。トイレ休憩などを済まし、いざ、四国へ出発。
雄大な瀬戸大橋 左から花鳥、トミー、N田さん
日本人の技術力の高さの証明だ。このおかげで船に乗らずに四国にいけるのだ! (まつゐちさん撮影)
10:55 坂出ICで高速を下り、国道11号線を高松方面へ進む。
訪問回数:2回目
住所:香川県綾歌郡綾南町陶1090−3
営業時間:9:30−13:00くらい(でも麺や出汁がなくなると閉店なので注意) 
定休日:日曜日
駐車場:じゃっかんあり
【定番メニュー】小(1玉)100円,大(2玉)200円,天ぷら40〜50円,あげ40円
11:30 「田村」到着!
「おや?ただの農家の一軒家? あれ、なんかコカコーラの看板が…? 
一見、農家の農具置き場に見えるココが手打ちうどん「たむら」なのだ!」というまつゐちさんの名表現を生んだ、これが「田村」の店構え
地元の人たちはオヤツ代わりにうどんを食べるくらいだと聞きます。
結構地元の人が多い。これがこの店の実力。混雑しています。
メンバー全員「大(2玉)」を注文。
トミーは店の中を観察し、元「飲食」業界の血が騒いだのか?
その大きな目で店を観察。
メニューやトッピングの値段などをマジマジと見て、
「こんなに安くてやっていけるんすか?」とか言っていたっけ。
これがトミーの好きな「田村」のおっちゃんの笑顔です。気の良いおっちゃんです。すごい優しそうだよね。

とにかく、今回は前回の失敗を繰り返さないように、

1. おばあちゃんに「大!」と告げ、ドンブリにうどんを入れてもらい、
2. 釜に引っ掛けてあるザルみたいなのに麺を移し、お湯の中でジャブジャブとして、 温め(ぬくめ)てお湯を切り、
3. 再びドンブリに移し、ネギとすった生姜を少々トッピングし、
4. タンクの中から熱い出汁をドンブリに入れる。
うーん、スムーズに行ったぞ!
これが「たむら」うどん大200円也。 
どんぶりをはみ出す大迫力!
これで200円は安すぎ!小は100円!
それでは4ヶ月半待ちに待った「田村」のうどんリベンジです。

「頂きまぁぁぁーす!」

ずぅ、ずぅずぅずぅずーずーざーざー。
何日もメシを喰っていないような・・・
そんな状態のようになって、あわてて口に麺を掻き込む。
「うあっ、やっぱりうどんも温めると前よりも断然美味しいぃぃー。うまぁーい!

| HOME |

| TOP |

| BACK | | NEXT |
トップページへ ツアーのトップへ 第1回後編へ 後編へ