讃岐うどんツアー 番外編 おそるべきさぬきうどん制覇リスト たまにはいいでしょ!ラーメン リンク集

第1回讃岐うどんツアー(前編)

決行日:1999/05/01
参加者:花鳥、テルちゃん、まつゐちさん(男3人)、ヒラタちゃん、ヒラタちゃんの職場の先輩(女2人)
■今回のツアーまで・・・
前にテレビ番組「ウンナンの気分は上々!」でナンちゃん(南原清隆)が讃岐うどんを喰いに行った回を見てしまって、
思いっきり讃岐うどんのことが気になっていた花鳥は、 たまたま会社の帰りに飲みに行ったテルちゃんと
「ゴールデンウィークどこか行くの?」みたいな会話になって、 
・実家が愛媛。 
・高松にも半年住んだことがあり。 
・仕事で高知・徳島と毎月出張に行っていた経験があり。
・四国は土地感がある。 
・そして、テレビで見た讃岐うどんがみょーに気になっていることを説いた。 

すると、テルちゃんが二つ返事で「ええな。四国行こうか?」と言ってくれたので、「よっしゃ!讃岐うどんを確かめるチャンス!」とばかり、 

いつも「言うだけ大将」のテルちゃんを警戒しつつ、話をトントンと進め、同じ会社のまつゐちさんをも巻き込み、気がついたらメンバーが男3人・女2人の5人になっていた。 

5月1日の早朝7時半大阪中央郵便局で集合して。 

昨晩、「明日早いから今日は飲んだらあかんよ。」と忠告したのに案の定、深夜まで飲んでいたというテルちゃんの車(ジェッタ)でレッツラゴー! 

初めて讃岐うどんツアーに出掛けた花鳥は、実家が讃岐のお隣の 愛媛の松山で、正月に弟と帰省した時に使った明石大橋から鳴門大橋経由で讃岐に入る。 というルートを選択した。

このときはまだ距離感もなかったし、正直言って失敗だったな。 鳴門から高松までというのは高速がつながっていないのだ。 

国道11号線を走って行くのだが、なかなか前に進まない。 

まだ徳島だというのに運転手のテルちゃんが「あっ、讃岐うどん屋!あそこでもええやん。」 てな感じで、空腹と渋滞のイライラで、だんだんと「妥協しようや」みたいなこと言い出して、

どうしても究極の讃岐うどんを喰いたい花鳥は「とにかく早く着いてくれぇ!」と祈りながら、香川県綾歌郡陵南町に向かう。 

| HOME |

| TOP |

| BACK | | NEXT |
トップページへ ツアーのトップへ 讃岐うどん狂いに 後編へ

なったきっかけへ