讃岐うどんツアー 番外編 おそるべきさぬきうどん制覇リスト たまにはいいでしょ!ラーメン リンク集

決行日:2001/06/23
参加者:花鳥、健ちゃん、みっちゃん、ウエノ、TAKAMIさん

本日は、田村、彦江製麺所に行って、それから長田うどん、やまうちうどん、渡辺で〆の予定だったが、山下うどんをはさんでしまった。5軒挑戦から6軒への挑戦に変更となったのである。

花鳥は前々回一人旅で6軒をクリアしているので大丈夫だと思うが、同行している彼らは大丈夫か?しかし、そんな心配は彼らには要らぬ心配だったようだ。ただ一人を除いては・・・。

【訪問回数】1回目
【住所】香川県仲多度郡満濃町吉野1290−1
【営業時間】10:00〜17:30
【定休日】木曜日
【駐車場】40台
【定番メニュー】釜あげうどん小(1玉)250円,大(2玉)350円,特大600円,たらいうどん小(6玉)1,000円、たらいうどん大2,000円、いなり寿司300円、ちらし寿司200円
こんな石碑が迎えてくれます。 大活躍!ナビ付き!ウエノのクルマ
この暖簾をくぐると、いりこダシの良〜い匂いが・・・。
14:00 本日4軒目の長田うどん 到着!
(本当は3軒目になるはずだったが・・・。)
14:05 長田うどん入店!中は家族連れや若者たちでごった返している。「いやぁ〜、すごい活気やなあ。」「席は空いているんかな?」
「なんします?(何にします?)」
店員さんに聞かれる。
ここは、食べるものを先に申告し、お金を支払って札をもらい、席で待つタイプの一般店です。
「釜あげ小下さい。」同行した5人全てが釜あげうどんの小です。
といっても、釜あげしかない店なんですけどね。(実は冷やしがありますけど・・・)

お勘定を先に済まし、従業員の皆さんが仕事をしている厨房を通って、さらに奥の方に席がいっぱいあり、店の大きさに驚きながら、空いている席を見つけ、座って待ちながら厨房の忙しそうな作業風景をパシャリ!!

14:15 せっかく席に着いたのに、健ちゃんに会社から電話が入る。何かトラブっている模様で携帯でずうっと話している。健ちゃんがそんな電話に悩まされている間にも・・・
ドンッ!とテーブルに浸けダシの瓶が届きました。
14:15 「はい、釜あげ小5つねぇ。」
「待ってました」店員さんの声で花鳥たちのテーブルにも釜あげうどんが届く。

釜あげうどん小250円也!!

ダシを入れると、「プ〜ン」とそりゃもうアンタ!ものすごく炒り子がきいた良い香りのダシですよ。健ちゃんは相変わらず先ほどの電話が終わらない。花鳥たちは伸びないうちに「いただきま〜す。
「うん!ウマッ!」と誰かが言う。
「このダシに、この麺、合ってるなぁ〜。美味いわ〜。」と花鳥が言う。
暑い夏に向かっているこの時期に、このあつあつの釜あげうどんが、こんなに美味いなんて!
花鳥ははっきり言って、この釜あげうどんというメニュー、あまり好きな食べ方ではなかったのですが、一気に好きになってしまいました。
そんなこんなで一気に食べ終わった花鳥・ウエノ・みっちゃん・TAKAMIさんだが、健ちゃんが先ほどの電話が長引き、まだ一口も手をつけていないので、4人は感想を言い合いながら、健ちゃんが食べ終わるのを待つ。
14:40 「ごちそうさま〜!」という感じで店を出る。
お店を出るときに見たファミリーの「たらいうどん」(6玉)1000円也。

今日はあと、「やまうちうどん」と「渡辺」です。
花鳥自身、「長田うどん」から「やまうちうどん」へ直接向かうのは初めてなのでルートに自信がないが、今回はカーナビ付きのウエノカーなので、住所をセットすれば、勝手に最適ルートを検索してくれるのだ。
文明の利器!!便利!!素晴らしい!!(表現が古い・・・)

「ほ、ほう〜!ここに出るんか〜!」なんて、カーナビの選択したルートに感心しながら、カーナビのおかげで、ものすごく速く着いてしまった「やまうちうどん」です。
さすが、文明の利器!!(だから、古いってーの!)

【訪問回数】4回目
【住所】香川県仲多度郡仲南町十郷大口1010
【営業時間】9:00〜17:00
【定休日】木曜日
【駐車場】60台
【定番メニュー】小(1玉)200円,大(2玉)250円,

特大(3玉)350円,天ぷら類100円

またまた来ました。やまうちうどん。これは、「うどん御殿」か?

このライダーたちも他県組。どこから来たのか?雨の中、ご苦労さんです。
さすが、遠くから探しても探してもやって来る人気の「やまうちうどん」です。

14:55 いやぁ、ホンマに予想よりかなり速く着いてしまいました。
メンバーの中でも、健ちゃんだけ(笑)は小食なのでこのお店での食事をPASSして、次の「渡辺」に備える模様です。
健ちゃんは学生時代、かなり大食漢だったのに、やっぱりトシですかね?(笑)
15:00 入店後、すぐにひやあつを注文し、さっと出てきたドンブリを受け取り、勘定を済まし、空いている席を探す。
慣れないTAKAMIさんが、けっこう迷いながら注文されていました。

ひやあつ小(1玉)200円也!

ウエノが食べたしょうゆうどん小(1玉)同額
15:05 「いただきます!!」
いやぁ〜!久々に食べましたが、やっぱりココのひやあつは美味いですね。程好いコシがあって、ダシも美味い。味が安定している。初めて「やまうちうどん」に来たみっちゃんやTAKAMIさんも喜んでくれました。
「お前ら、よう食べるなぁ〜!」という顔で、健ちゃんがみんなを見ています。
そんな中、 アッ!という間にうどんは4人の強靭な胃袋に吸い込まれたのであった。
15:15 さて、じゃあ次は本日最後の「渡辺」ということで、出発しますか!
「渡辺」は休憩していた健ちゃんが、広島に帰省していたときにテレビで「でっかい揚げのきつねうどん」を観たというので、コースに入れたお店です。
今度はけっこう距離がありそうですが、カーナビで住所を検索し、セット完了!
では、最後のうどんへと、「しゅっ・・・ぱーつっ(出発)!!」
15:25 ・・・と思って、スタートしましたが、健ちゃんのお腹ができるだけ回復するようにという理由&タバコ・トイレ休憩で、「仲南町特産品センター」に立ち寄ることにした。

やまうちうどんのほど近く、仲南町特産品センターです。入り口でヤンキー座りしているのはみっちゃん(笑)。
中では、うどん用の小麦粉とかも販売していました。TAKAMIさんは粉にも詳しかったです。いったいこの人って?(笑)
思い思いにお土産買う者、トイレ行く者、タバコ吸う者、ジュース飲む者と、朝から続くうどん三昧を1度リセットするように時間を潰す。

センター内にも玉虫型飛行機が展示してありましたが、銅像もセンターに隣接してました。
調べてみますと、「明治24年4月29日。」
ライト兄弟の飛行実験に先駆けること12年、飛行の原理を追及し、模型飛行機による動力飛行実験に成功した日本人がいた。それが、この銅像の人二宮忠八さん、成功当時26歳。だそうです。
八幡浜(愛媛)生まれの人ですが、この土地に縁があるみたいですよ。
15:50 さぁ、たっぷりと休憩を取って、改めて、あとは「渡辺」で締め。みんなボチボチ行こう!
しばらく車内では健ちゃんのお約束のおやじギャグが炸裂し、その面白なささが逆に面白くて、楽しい空気に包まれながらも、ワンマンショーの健ちゃんは、いつの間にか静かに眠りに落ちて行った。そんな健ちゃんにはお構いなく、カーナビがセットされたウエノ号は着々と「渡辺」と近づいて行くのであった。まぁ、仲南町特産品センターから13km強くらいでしたから、そんなに時間はかかりません。
【訪問回数】1回目
【住所】香川県三豊郡高瀬町下勝間2552
【営業時間】10:30〜19:00頃
【定休日】木曜日
【駐車場】8台
【定番メニュー】天ぷらうどん500円,きつねうどん450円,

かけうどん300円,釜あげうどん350円

16:15 着きました。初めての「渡辺」です。
お店は民芸調で綺麗。駐車場もいっぱいです。
眠っていた健ちゃんを起こす。「健ちゃん、渡辺着いたで!」
「えっ!もう着いたんかいな。」という感じで健ちゃんが起きる。
16:20 2分くらい待って、駐車場がやっと空き、クルマを停めて、入店します。
ここは一般店らしく、店内もかなり落ち着いた雰囲気です。
花鳥たちは、入店して左後方の畳席に陣取り、健ちゃんが『大きな「お揚げさん(関西ではそう呼ぶ)」が美味そうだった』という、広島帰省の際のテレビで観たときの話をしながら、店員さんを待つ。
16:25 お茶を持ってきた店員さんに「きつねうどん!」と注文し、
「いやぁ、今日は回ったなぁー。」
「まだ食べられるな。たぶん。」
「カーナビがあると迷わんでエエな。」
と口々に話しながら、大きなお揚げさん、もとい・・・きつねうどんを待ちます。
いやぁ、確かに麺をかくすくらいの大きなお揚げさんが乗っかっています。
きつねうどん450円也。

(↑画像クリックでアップ↑)

16:35 「おまちどうさん!」
来ました。来ました。きつねうどん。さすがにでかい!
食べてみると、大阪とはかなり違いますが、甘味は抑え気味で上品な味です。
「うん、お揚げさん美味い!」誰かれなく声があがった。 「うどんもまぁまぁですな。」
いやー、ここも名店です。あとで知ったことですが、ここは木の葉型天ぷらの元祖のお店とのこと。天ぷらうどんも食べれば良かったです(・・・って、まだ喰うんかい!)
17:00 今回は6軒。6軒ともみんな美味しかったです。
そして、TAKAMIさんという新しいメンバーを加え、讃岐うどん喰い隊!!もパワーアップ。しかし、このとき、この人の底力がこんなものではないことを知る由もなかったのであ〜る。
さて、今回はここまで。「次はいつ来ようかな?」なんて考えながら、帰路に着いた5人衆であった。

今回、花鳥の食したうどんたち

田村 小(1玉) 100円
彦江製麺所 小(1玉)

130円

山下うどん(善通寺) 醤油うどん小 (1玉) 250円
長田うどん 釜あげうどん小(1玉) 250円
やまうちうどん 小(1玉) 200円
渡辺(高瀬町) きつねうどん(1玉) 450円
合計 (6玉) 1,380円

| HOME |

| TOP |

| BACK | | NEXT |
トップページへ ツアーのトップへ 前編へ 第9回前編へ