讃岐うどんツアー 番外編 おそるべきさぬきうどん制覇リスト たまにはいいでしょ!ラーメン リンク集

決行日:2000/04/29
参加者:花鳥、健ちゃん、ウエノ、みっちゃん、ヤマダくん、タナカくん、ジュンコちゃん、チサコちゃん
■今回のツアーまで・・・
昨年、お盆休みに花鳥は大学時代の友人健ちゃんとその健ちゃんを「オヤジさん」と呼んで慕う(?)若者達と小豆島へ旅行し、讃岐うどんを喰わせてやろうとしたが、渋滞で「田村うどん」が開いている時間に間に合わず、花鳥が今まで喰いに行った讃岐うどんの店の中で一番美味しいと愛してやまない「田村」を喰わせてやることができなかった。
だから、今回は大学時代の3友人(健ちゃん、ウエノ、みっちゃん)と若者達ヤマダくん、タナカくん、タナカくんの彼女ジュンコちゃん、ジュンコちゃんの友達チサコちゃんに一度食べさせてやろうと思い…というのはカッコ良すぎるか?
本心は、自分の周りの人たちに「どれほど讃岐うどんが美味しいか。且つ、感動するか。」を思い知らせたい。
だって、花鳥がいかに讃岐うどんを好きでも、独りで喰いに行くのはやっぱり寂しい&金がかかり過ぎる。じゃないっすか!
ゆえに、「アホちゃうか?」と簡単に言われないよう、そして今後、「自分が行きたいなぁ。」と思ったときに「良いね。行こう!」って言ってもらえないと、なかなか讃岐行けないやん?
だから、今回はこれだけメンバーが集まり、とっても嬉しかったのである。
■ツアー前夜
そんなこんなで、たかがうどんと思っている連中も多いわけで、ハイウェイカードの50,000円で58,000円分使えるやつをディスカウントのチケット屋で49,500円で買ったり、できるだけ高速を使わないで下道で行こう!なんていうメンバーの意見を取り入れ、ゴールデンウィークということもあり、いつもより早く5時に大阪市東淀川区の上新庄を出発するという強行軍になったのである。
自動車提供のみっちゃんとヤマダくんを前日花鳥の家に泊めて、当日朝の4時半にウエノが東大阪市から単車で駆け付けたり、とにかく大変でした。
■ツアー当日

5:00

気持ち悪いくらいに誰も遅刻することなく、上新庄を2台の車は速やかに出発した。誰もが眠たい顔をしている。
ようも、こんだけきっちり集まったなぁ。と思いながら良いスタートを切れた。
みっちゃんの車には花鳥、健ちゃん、ウエノ、みっちゃんの4人が乗り、ヤマダくんの車には若者4人が乗って一路讃岐を目指す。
我がおじさん4人衆の車中では相変わらず健ちゃんのくだらんおやじギャグに失笑しながらもどんどん岡山に近づく。
8人もいると、気を使うのはトイレ休憩。
岡山のちょっと手前のSAで休憩&ジュース買ったりして、瀬戸大橋に向かう。
8:20 さぁ、瀬戸大橋まで来たよ!ゴールデンウィークということと、高速代を節約したいということで、5時に出たのが早すぎたのか?かなり早目に瀬戸大橋まで来ちゃった。順調過ぎるので時間調整しようということになった。
今から行ったら、まだ店が開いていないかも…てことで、瀬戸大橋の真ん中「与島SA」でちょっと休憩。
「トイレ行きたい人行っといでぇ!」
せっかく瀬戸大橋に来たので記念写真でも撮ろう。
みんな、讃岐うどんを喰らう前の「使用前状態」です。瀬戸大橋をバックに「ハイ、チーズ!」
左からウエノ、タナカくん、健ちゃん、花鳥、みっちゃん、ヤマダくん、下の2人の女の子が左からジュンコちゃん、チサコちゃんですが、写真小さすぎて顔がわからーん。
8:45

そろそろ、行こうか!ということで、与島SAを出発。 

かなり早く着いたけど、今日日行く店は「田村」「山越うどん」「谷川米穀店」すべて、13時には閉まってしまうような店ばかり。
すごいでしょ。13時には閉まってしまうのですよ。あーた!って、誰に言っているんだろう? 
というのも、13時で閉めてしまって、しかもあんなに安い1杯90円から100円で儲かるんだろうか?なんて、お節介な心配をしてしまうほど・・・。
でも、それが味を守るということなのだろうな。1日に提供できる量以上に無理して作らない。だから、味が守れるのではないでしょうか?たぶん、そうでしょう。なんて勝手に納得したりして。
そんな勝手な予想はどうでも良いこと。最後の谷川米穀店は初めて行く店なので、道順自信なし。したがって、早く回ることに越した事なし。 
『あれっ、花鳥…「山越うどん」も一度も登場していないよ。』と気付いたアナタ!するどい!でも、実は3月の連休に独りで新規開拓に来たので初めてじゃないんですよ。『独りで行くなんて、よーやるなぁ、あんた。』と思っているアナタ、ごもっとも…。私(花鳥)もちょっと自分で呆れています。 それより、早くうどんを出せと言う声が聞こえて来そうなので、本題に戻りましょう。
8:55 坂出ICで下り、11号線を高松方面へ向かい、前谷東という交差点で右折、33号線を400mくらい進んで、府中町前谷(山本商店の手前を)という交差点を左折、あとは17号線を道なりに2.5kmほど進むと左に「田村」がある。もう迷わない!
【訪問回数】3回目
【住所】香川県綾歌郡綾南町陶1090−3
【営業時間】9:30−13:00くらい(でも麺や出汁がなくなると閉店なので注意) 
【定休日】日曜日
【駐車場】じゃっかんあり
【定番メニュー】小(1玉)100円,大(2玉)200円,天ぷら40〜50円,あげ40円
9:15 「田村」到着!
着いた着いた。さぁ、皆の衆、喰ってくれぇ!なんて言わなくても「わぁ、腹減った!やっと食べられる。」って言ってますわ。
9:20 さすがに時間が早かったので、店はすいている。女の子はさておき、男連中はみな「大!」と叫ぶ。
ちょっと緊張気味。
みんな花鳥のあとに続き、冷水でしめた麺をドンブリにもらい、釜で暖めて、お湯を切り、ネギと生姜を入れて、熱い出汁を注ぐ。席に座って、さぁ、食べよう!
小といっても、太い手打ち麺が一人前は充分ある量。決して、半人前ってことではありません。
なのに、男連中はみな「大」。
こんなに喰って、何軒も喰いに行けるの?と思っているあなた!行けるんすよ。一度お試しあれ。 
喰い始めるとみんな無言になる。
お馴染みの「ずぅずぅずーずーざーざー」
という音だけが店内に響き、あっという間に喰い終わってしまう。
9:25 喰い終わったメンバーが次々と店を出てくる。「美味かった!」「美味しかった!」
ウエノが言う「衝撃的や!あの出汁は美味い!大阪ではないなー。」
そりゃ、そうやで。大阪はかつをぶしと昆布で出汁とるけど、讃岐はいりこ出汁やねん。
見よ!この幸せそうなメンバーの顔を…。
さぁ、次々行こうでー。
(左から、みっちゃん・健ちゃん・ジュンコちゃん・タナカくん・花鳥・ヤマダくん・チサコちゃん/撮影:ウエノ)
9:30 みんな口々に「田村」の感想を笑顔で話している。
バイクで来ている二人のライダーが、花鳥たちよりも少し早く店を出てきていて出発する準備をしていたのを見て、
ウエノが言う。「あの人たち、絶対に美味い店知っているでー。あの人たちについて行ったらどう?」
まぁ、花鳥は回る順番を決めていたので、そんな事は気にも止めていなかった。
現実、花鳥たちが車に乗り込んで車を切り返しているうちに、どこか行ってしまった。
花鳥「さぁ、次の店行くでー。」出発!「次も美味いんかな?」「次は近いん?」
移動の車中はかなり活気が出てくる。それもこれも、やっぱり「田村」の不思議な魔力のおかげ。
ここから次の「山越」は隣町の綾上町なので、そんなにも時間はかからないが、
「山越」は『恐るべきさぬきうどん』という本でS級指定店が決められたときに一番得点が高かった店。
とにかく、行列の長さでは他の追随を許さないようなお店だ。
まず、駐車場が空いているか?行列がどれくらいか?
この店に時間がかかると、最後の「谷川米穀店」が閉まってしまう。
次は綾歌郡綾上町の「山越うどん」へ… ここからは後編へ

| HOME |

| TOP |

| BACK | | NEXT |
トップページへ ツアーのトップへ 第2回後編へ 後編へ